効率的なハト退治【ちょっとしたコツを覚えておこう】

簡単にはできない

蜂

ハチの退治は専門業者に頼みましょう。まずは役所に相談してみるのもいいかもしれません。業者によって退治の方法は異なります。薬剤をまくことがありますが、ハチの巣そのものを駆除することが何よりも重要と言えるでしょう。

詳しく見る

ハチの巣を見つけたら

駆除

キイロスズメバチは小型でも大変危険なハチなので、巣を見つけた場合は決して近づかないようにした方が良いでしょう。駆除を依頼する業者は、キイロスズメバチの駆除料金をよく比較した上で、優良な業者を選ぶことをおすすめします。

詳しく見る

スズメバチの巣の場所

作業員

スズメバチの巣はすぐに壊されないように人間の手の届きにくい場所に作られてしまうことが多いです。素人がスズメバチ駆除をしようとすると危険が生じてしまいます。そのため、知識や経験が豊富な専門業者に依頼するのが大切です。

詳しく見る

鳥獣保護管理法とハト

ハト

ハトの糞は人体に悪影響を及ぼすためハトの巣があったら、すぐに対応する必要があります。ただし、鳥獣保護管理法によって素人ではハト退治できないため、自治体から許可を得ている専門業者に依頼することが求められています。

詳しく見る

自分で駆除する場合

蜂

自分でハチを退治する場合には、スズメバチは避けて、ミツバチやアシナガバチなどおとなしいハチに限定しましょう。またタイミングとしては巣の小さい巣作りの初期に行い、離れた場所から殺虫剤を噴霧するやり方で安全に配慮して退治してください。

詳しく見る

上手な退治方法

ハト

コツについて

ハトがやって来るのを放置していると、美観を損ねるのはもちろんですが、さまざまなトラブルを招く原因となります。中でもフンの問題は深刻で、ご近所にも迷惑をかけてしまいますし、何よりも乾燥したものが粉になって吸い込むと、健康を害する恐れがあるのです。そこで住み着いてしまう前にハト退治を行いたいのですが、手で追い払う程度では無理な場合が多いので、ちょっとしたコツを覚えておくと良いです。まずハト退治で大切なのは、巣を作らせないことです。ハトは基本的に臆病な鳥なので、三方向を壁に囲まれた安全な場所を好みます。そこで建物の隅などに網を張っておくというのも良い方法です。さらにホームセンターなどに売っているハトが寄り付かないスプレーを振りかけておきます。どちらも数千円程度できるのでやっておく価値はあります。ベランダであればテグスを張り巡らせておくという方法があって、こちらも安価で済む割には、意外とハト退治には効果が高いです。先述しましたが、ハトは臆病ですし、その上警戒心が強いため、その性格を利用したハト退治です。テグスは透明なのでハトには見えないため、いつも通りにベランダにやって来ます。そしてテグスが体に触れるのですが、不審に感じて周りを見ても、視界の中には何もないので、ハトからすると不気味に感じるでしょう。すると警戒心が強いため、やがて寄り付かなくなるというわけです。いずれの方法を取るにしても、餌となるようなものはこまめに掃除して取り除いておかなければいけません。