効率的なハト退治【ちょっとしたコツを覚えておこう】

自分で駆除する場合

蜂

スズメバチは避ける

自宅でハチの巣を見つけたら、人によっては自分で退治しようと考えるかもしれません。しかし相手が毒針を持った虫である以上、反撃された場合のリスクを考えれば、退治は行政や専門家に依頼するのがベストです。しかしコストを抑えるため出来る限り自分でハチを退治したい、という場合には以下の事に気をつけて作業を行ってください。まず退治するのは、ハチの仲間のうちアシナガバチやミツバチなど比較的安全な種類に限定しましょう。スズメバチ、特にオオスズメバチやキイロスズメバチなどは攻撃性も毒性も強いので、手出しはお勧めしません。またタイミングとして、巣を作り始めたばかりのうちに退治を済ませてください。ハチは春先になって女王蜂単体で巣を作り、夏から秋にかけて生体数がピークになります。巣作りの初期は女王蜂1匹や働き蜂数匹しかいないので、退治も容易です。退治の方法ですが、なるべく離れた場所から巣にいる成虫にめがけて殺虫剤を噴霧して、全てのハチが地上に落ちたことを確認してから巣を破壊するようにします。ハチがいない間に巣を破壊する、という手もありますが、これだとすぐに巣が再建される可能性もあるので、少なくとも女王蜂だけは仕留めておくことが肝心です。因みにハチが動かなくなったからといって、不用意に触るのは避けてください。死んだハチでも触ると腹部が収縮して針が刺さる事があります。処理する際には火ばさみなどを使い、分厚い袋に詰めて燃えるごみとして破棄しましょう。さらに巣が手の届く範囲にあるというのもポイントです。ハチの巣は高所に作られる事も多いですが、この場合梯子や高所作業車が必要になります。作業中の転落の恐れもあるので、3メートルを一つの目安にしてください。