効率的なハト退治【ちょっとしたコツを覚えておこう】

鳥獣保護管理法とハト

ハト

退治するなら専門業者

ハトの糞には感染症などの原因となる病原菌などが含まれているため、家庭でハトの巣を作られてしまったらなるべく早く撃退した方が良いでしょう。しかし、一つ問題となっているのが、鳥獣保護管理法の存在です。日本に生息する鳥類や哺乳類を守るために、捕獲・殺傷・採取を無許可ですることを禁止されています。それは、ハトの巣やハトとそのタマゴも対象に含まれており、勝手に駆除してしまうと法律に違反することとなります。そのため、ハト退治をしたいと思うのならば、専門業者に依頼することが先決だと言えるでしょう。素人ができるのは精々、ハト除けくらいであまり効果はありません。専門業者は事前にその地域の自治体から許可を得ているため、ハト退治を行っても法律に触れることはありません。その作業内容は、まずはハトの追い出しを行い、ハトの糞や巣跡の清掃、再度ハトが入り込まないよう侵入防止対策などがハト退治の一連の流れとなります。特に重要となってくるのが侵入防止対策です。元々、ハトは一度巣を作った場所に強い執着心があるため、素人が行う侵入防止対策では簡単に突破されてしまいます。一方、ハト退治の専門業者ならば、ハトに関する知識・経験、さらには専用の道具なども取り揃えているため、的確に侵入防止対策を取ることができるのです。きちんと対策をとっていれば、ハトが再び巣を作ることがなくなり、糞による被害を心配する必要がなくなるため安心して日常生活を送ることができるでしょう。